2014年7月30日

2014年7月21日新京成線新鎌ケ谷駅工事調査

140730.jpg

 2014年7月21日に新京成線新鎌ケ谷駅付近の工事状況調査をしましたので、報告します。

 以下、コメントです。

140730_01.jpg
写真-1:北初富方高架橋状況

 北初富方の高架橋の構築ですが、高欄施工も完了し、土木構造物としてはほぼ完成状態にある状況です。

 電気関係の施設はまだこれからといったところでしょうか。

140730_02.jpg
写真-2:駅部北初富方高架橋状況

 新鎌ヶ谷駅部ですが、基本的に高架橋の構築は完了していますが高欄の施工はこれからといった状況です。

 駅部故に高架橋が膨らんでおり、現行の仮下り線に近いため施工条件上未施工なのか、今後高架化されるとすると位置的に下り線が先行なので、切換後にこの部分を使って施工をする部分があるため、あえて未施工としている部分があるのかもしれません。

 ホーム上施設構築となると色々資機材の運搬等があると思いますが、反対側は北総線があるので、施工するとなるとこちら側を活用しますよね。

140730_03.jpg
写真-3:駅部中間付近高架橋状況

 駅部中間付近の高架橋も同様の状況です。

 営業線側に防護柵が設置されていますが、位置的にはけっこうギリギリというかそういう状況になっているのが分かります。

 動きが出てくるのは今後の前後区間の進捗によってかなぁといった雰囲気です。

140730_04.jpg
写真-4:駅部初富方高架橋状況

 初富方も同様で、ホームがある範囲までは高欄が未施工になっており、以遠はほぼ完成状態にあります。

 高架橋下部の防護柵も高架橋下部の施工範囲にリンクしているのか、東武アーバンパークラインとの交差部あたりで無くなる形になっていますね。

140730_05.jpg
写真-5:初富方高架橋状況

 初富方の高架橋状況ですが、東武アーバンパークライン交差部の桁部分を含めて土木構造物としてはほぼ完成状態にあるようです。

 やはり北初富方と同様に電気施設構築はこれからのようで、今後の前後区間の進捗によってくるのかなぁといったところです。

 簡単ですが、以上です!!

コメント