Main > 鉄道混雑研究ライブラリ >

 

鉄道混雑研究ライブラリ

konzatu_top.jpg

 鉄道のダイヤグラムは流動特性と密接に関係しており、管理人がダイヤ分析をするにあたっては実際に現地で混雑状況調査することを重要視しています。

 混雑・利用状況に対する感覚は個人差による部分が大きいと思われるため、当サイトでは客観的に混雑状況を示すべく混雑ポイントという指標を用いています。

====================================
[ 混雑ポイントの考え方 ] [ データの活用について ] [ 混雑ポイント計算の流れ ]
====================================

 以下はその混雑ポイントを用いた過去調査データとなります。

 ◆2016年調査分 [ 調査No.310~329 ]

 ◆2015年調査分 [ 調査No.273~309 ]

 ◆2014年調査分 [ 調査No.242~272 ]

 ◆2013年調査分 [ 調査No.202~241 ]

 ◆2012年調査分 [ 調査No.156~201 ]

 ◆2011年調査分 [ 調査No.145~155 ]

 ◆2010年調査分 [ 調査No.129~144 ]

 ◆2009年調査分 [ 調査No.118~128 ]

 ◆2008年調査分 [ 調査No.096~117 ]

 ◆2007年調査分 [ 調査No.064~095 ]

 ◆2006年調査分 [ 調査No.003~063 ]

 ◆2005年調査分 [ 調査No.001~002 ]

====================================
[ 混雑ポイントの考え方 ] [ データの活用について ] [ 混雑ポイント計算の流れ ]
====================================

Main > 鉄道混雑研究ライブラリ >