2007年10月31日

箱根登山鉄道のダイヤを考える!!

071031.jpg

 小田急線のダイヤ作成に続いて、関連する箱根登山鉄道のダイヤを作成してみました。

 路線の半分は小田急線の車両が運行するようになってしまっていますから、実質小田急線が箱根湯本までの路線になったんだなぁという印象ですね。

 ダイヤ的な制約も強羅方面の接続より、小田急線側のもろもろのほうを考慮するような感じかなと思ったり。

 次回改正で、千代田線からの直通ロマンスカーが設定されますが、土休日ダイヤの日中時に設定されるメトロはこねが新宿発のはこね枠を奪うのか、新設なのかという部分に個人的に注目しています。

 新宿発30分間隔を維持することも結構重要なんじゃないかなと思っていますが、実際のところ、単純増発だと箱根登山線内のダイヤが組めないんじゃないかなと思うんですよね。

 ポイントは箱根湯本が2線しかないことと、入生田~箱根湯本間のダイヤが組めるかという2点であると判断し、仮スジを引いてみました。

 その結果、60分間の特急2本、急行4本のパターンに特急を更に1本挿入するのは、ギリギリ可能かどうかといった感じで、パターンをいくらか崩す必要性があることから、小田急線内のパターンをキープする意味で、小田原での停車時間を有る程度確保してなんとかという状況。ん~、単純挿入は難しそうです・・・

 もし挿入できるとすれば、新宿発9:00から10:10の間は日中時ダイヤへの移行時間帯という事でサイクルが70分になっており、箱根登山線内もやや間隔が広がっているところでしょうか。ここしか無さそう・・

 という事で、2往復の設定時間帯が分かりませんが、2往復のうち1往復は新宿発30分間隔を崩さない形での単純増発、もう1往復は比較的利用が少ない時間帯に新宿発を置き換える形での設定になるのかなとオイラは予想しています。

コメント