2008年4月24日

2008年4月23日北総線工事調査(2)

080424.jpg

 2008年4月23日に北総線の工事状況を調査してきましたので、写真で報告します!!

 その2として、先日切換が実施された小室駅の状況です。

080424_01.jpg
写真-1:上りホーム印旛日本医大方状況

 線路をオーバークロスする道路の橋脚が上下線間に位置しているため、上下線が若干離れた位置になっています。

 ホーム自体は極めてシンプルな感じの仕上げになっており、既設の下りホームに対して違和感が無い印象です!!

080424_02.jpg
写真-2:上りホーム中央部状況1

080424_03.jpg
写真-3:上りホーム中央部状況2

 ホーム中央部に階段やエスカ・エレベータがありますが、その部分だけ解りやすくホーム幅が拡幅されて広くなっています。

 それほど混む駅ではないと思われますので、こんなものでしょうかね。 

080424_04.jpg
写真-4:上りホーム京成高砂方状況

 ホームの端は屋根が無い部分があります。

 下りホームも同様なので合わせたという事なのでしょうが、将来的に延伸するなら新設部分は先に作っておきそうなモノですから、今後もこのままという事ですよね。

 まぁ、階段から離れている部分は不要という判断なのでしょう。

080424_05.jpg
写真-5:コンコース状況

 改札からのコンコースに繋がっている部分の状況です。

 エレベータを挟む2箇所への階段に向けて通路幅は最大限とっており、広々とした感じですね。

 窓が大きく、明るくて良いです!!

080424_06.jpg
写真-6:おまけの印旛日本医大駅

 知らなかったのですが、いつの間にか下り側の線路は到着専用になったようですね。

 日中時は直接上り線に入るようですが、ラッシュ時は恐らく到着ホームを使うのでしょうから、それはすなわち成田空港側の留置線の使用開始がされたという事ですよね!!

 なるほど、だから京成高砂方に片渡りの分岐が用意されているんですね。

 留置線さえ使えればシーサスが不要になるし、線形改良も出来るというものです。

 片渡りは将来的にも日中時に使うのかな??

コメント