2008年11月29日

2008年11月29日西武池袋線保谷駅2面3線化工事調査

081129.jpg

 2008年11月29日に西武池袋線保谷駅の2面3線化工事を調査してきましたので、報告します!!

 実は工事が進んでいるのを知らず、石神井公園を見に行こうかなぁと思って通ったら、予想外の状態にビックリして下車した次第です(笑)。

 2面3線化ですが、西武によくある中線を運んだ2面3線ではなく、現行の島式ホームを下り線用として、新たに上り線用のホームを1面新設するものでした。

 2012年度に池袋線が横浜方面への相互直通運転を開始するのに合わせた施策で、公式ソースによると、「3線のうち1線(中線)を折返し線として使用することで、上下両方向への折返しが可能となり、遅延防止や乗務員・車両運用の効率化、踏切の渋滞緩和が図れます」とあります。

 文面をそのまま受け取れば、現在引き上げ線折り返しになっているのをホーム折り返しにするというのが主目的かと思いますが、その他メリットは多そうな感じですね!!

081129_01.jpg
写真-1:池袋方端部状況

 切換口はこの木製覆工の端部あたりでしょうか。

 現存ホーム端部が支障するため、下りホームも若干所沢方に延伸する必要がありそうです。

 前後の配線関係が分からないので、何とも言えない感じですが・・・

081129_02.jpg
写真-2:池袋方から上りホーム構築位置を望む

 上りホームが作られる場所はもともと留置線が2線あった場所なので、既に撤去がなされて用地確保がされていますね。

 資機材搬入条件もよく、じゃんじゃん施工ができそうです。

081129_03.jpg
写真-3:上りホーム設置スペースを望む

 敷き鉄板がある位置が上り線の線路位置とみると、イメージがしやすいです。

 既設線路に擦りつけるため、池袋方は曲線にならざるを得ないですね。

081129_04.jpg
写真-4:上りホーム基礎構築状況

 既にエスカレータを設置する部分の基礎や、ホーム基礎構築が進んでいました。

081129_05.jpg
写真-5:所沢方端部状況

 今回の上りホーム構築範囲には防護柵が組まれており、従来あった線路は全撤去となっています。

 所沢方を見ると、仮囲いの手前までは配線が残されており、このまま線路をつなぐと配線上は成立するといえばしますね。

 しかし、分岐を通ることになりますから、通過列車の存在を考えると何らかの配線変更はしてくるものと推測します。

081129_06.jpg
写真-6:改札口付近にあった工事概要掲示

 駅改良の概要、工期はこの告知で分かりますね。

 後は配線改良の部分かなぁ~

 今度は下車して調べてみます!!

コメント