2012年3月 1日

酔って夜に散歩してネタに出くわす♪♪

120301.jpg

 土木屋にとっては追い込みの2・3月。

 例年激務に追われるところですが、今年は担当業務がこの時期珍しく谷間状態なので、夜に余裕があります(最近のネタで丸分かりかな:笑)。

 今日も気分よく呑んでしまいまして、ちょっくらペースが速かった。

 気づいたら京王線の各駅停車に乗っていましたよ(笑)

 20時を過ぎていたので、各駅停車の準特急待避は桜上水ではなく八幡山になっていますね。

 先日のダイヤ想定で八幡山待避を考えた手前、スジチェックに意味があるだろうって事で、ほろ酔い気分でタイムチェック!!

 <新宿駅20:11発各駅停車スジ 新宿~調布間>

 新宿20:11:40発
 笹塚20:16:22着/17:02発(5:20)
 代田20:18:24着/18:48発(7:08)
 明大20:20:06着/21:06発(9:26)
 下高20:22:27着/22:56発(11:16)
 桜上20:24:13着/24:48発(13:08)
 上北20:26:00着/26:25発(14:45)
 八幡20:27:47着/30:35発(18:55) 準特通過29:09
 芦花20:31:48着/32:10発(20:30)
 千歳20:33:19着/33:59発(22:19)
 仙川20:35:36着/36:00発(24:20)
 つつ20:37:56着/44:22発(32:42) 急行38:52着/41:06発 準特通過43:31
 柴崎20:45:56着/46:24発(34:44)
 国領20:47:40着/48:05発(36:25)
 布田20:49:13着/49:38発(37:58) 調布手前で徐行有(相模原線折り返し影響)
 調布20:51:04着(39:24)

 調布手前を除いて特段徐行は無く、停車時間も標準的な状況でした。

 カッコ内が新宿からの所要時間ですが、短い駅間区間では2駅で3分という以前の走りは厳しいのかなぁというのが率直な印象です。

 発・発ベースだと、新宿から明大前までは9分30秒、明大前から桜上水までは3分30秒、桜上水から八幡山までは3分30秒、八幡山から千歳烏山までは3分30秒、千歳烏山からつつじヶ丘までは4分30秒、つつじヶ丘から調布までは6分30秒といった感じでしょうか。

 各駅の停車時間は30秒前後になっており、これが日中時だともう少し縮められそうですが、従来のスジと比べて停車までに時間を要する走りになっているため、新宿~調布間で多少なりともスジに余裕を持たせる必要がありそうです。

 ダイヤ想定に反映させないと!!

-----

 調布で下車したあとは、調査時の徘徊ルートという事で、京王多摩川駅まで歩きました。

 沿道の工事状況掲示が一般的なネット資料と比べて詳細な表現になっているのと、土木屋的にそこから読み取れる情報が多いもので、ついつい気になる工事は歩いてしまいます(笑)。

 今日のところは、京王多摩川方に分岐を設置する動きは出ていないか、交差踏切から眺めようと企んでいたのですが、真っ暗でよく見えず敗北・・・

 仕方なく京王多摩川駅に向かって歩くオイラに、思わぬネタが飛び込んできました。

120301_01.jpg
写真-1:京王多摩川駅付近沿道に掲示されていた工事案内

 京王多摩川駅の起点方下り線側に京王関係の施設がありますが、その脇に掲示版があり、工事掲示が掲げられていました。

 それを見ると、何と淡い期待を持っていた分岐(渡り線)の記載!!

 他の掲示内容から、電気施設の弄りも伺え、分岐の番数設定から見てもある程度使用頻度のある分岐であると読み取れました。

 位置が具体的に読み取れ、調布から京王多摩川に至る区間において曲線に係らず勾配が最も緩い部分、ここしか無いって場所に設置されることから、オイラの読むダイヤ想定の運用の芽が出てきたのかなと、ちょっぴり思ったり。

 思ったより京王多摩川に近い位置でしたが、逆に分岐を介しての進路が開通するまで京王多摩川駅に停車しておけると考えれば、悪くない位置かなとも思います。

 あとは本当にダイヤが組めるか...もう少し考えてみます!!

120301_02.jpg
写真-2:つつじヶ丘駅の施設チェック!!

 気分よく帰るついでにつつじヶ丘駅をチェック。

 調布駅の折り返しが残るとして、上りホームに入れてからつつじヶ丘まで回送して、調布下りホームに入れるという方法も考えられます。

 その場合、上り本線から直接終点方の引上線に入れるのかが気になったので、現地を見た訳ですが、下り線2線には引上線に侵入させる信号があるのに対して、上り本線には有りません。

 上り線から下り線側に折り返そうとする場合、現行施設では仙川方にある渡り線を使う形になりまして、踏切を超えた施設状況は現行の調布と似たようなものですが、本線折り返しはしないかなぁ・・・

 これから直接下り方の引上線に行けるような信号関係の改良が行われる可能性が無いとは思いませんけれども、ん~、ここには手は入れないかなぁ・・・やっぱり。

 とりあえずオイラは、京王多摩川駅付近の渡り線最大活用ダイヤを想定し続けようと思います!!

 都営線のダイヤ改正の意味合いで増発するパターンも考えてはいるんですけど、まぁ何ていうか考え方の幅がある今が楽しいと♪♪

 良い年度末です!!

コメント

コメントする

こんにちは。柴崎です。簡単にコメントを。

●各停所要時間について
柴崎も土日で各駅停車の所要時間を調査しましたが、概ね再現性が取れていると思います。ATC導入により、停車のパターン(ブレーキ)がゆるやかになったため、その積み重ねにより、以前のような走りが出来なくなったのは致し方ないですね。

各停は笹塚での急行接続が無ければ、各停が八幡山まで準特から逃げ切ることは可能だと思います。快速の続行の各停はきついですが、まあなんとか逃げ切れるのではないかと。
笹塚での急行接続は最悪無くてもいいと思うので、なんとか八幡山まで逃がしたいところではあります。そうすれば、準特の新宿~調布14分台も見えてくるかと。

●調布~京王多摩川の渡りの件

具体的な場所は分かりませんが、高架になり始めのところでしょうかね。もしそうならスムーズなら調布入線まで1分30秒くらいかかるかな。
次週見れるようなら確認してみます。