2008年10月 1日

2008年9月15日JR中央線連立工事調査

081001.jpg

 2008年9月15日にJR中央線連立工事調査(三鷹~国分寺間)を行いましたので、報告します。

 時間が無かったので、既に高架化されている下り線から上り線側の施工確認のみしてみました!! 天気が悪かったので写真がボケボケですみません・・・

 変な汚れはE233さんの汚れです(苦笑)。

081001_01.jpg
写真-1:三鷹~武蔵境間アプローチ部状況

 既に高架橋自体は構築されており、土木工事はほぼ完了しているようです。

081001_02.jpg
写真-2:三鷹~武蔵境間状況

 ここらも土木工事はほぼ完了しており、トラフ関係だか、軌道関係だかの工事の準備がされているようでした。

081001_03.jpg
写真-3:武蔵境駅部状況

 駅部分は駅間と比べて施工手順が多かったり支障移転等の関係からか、施工が進んでいる部分と遅れている部分の差が大きい印象です。

 施工が進んでいる部分は写真のように上家の架設まで完了していました。まぁ部分的なのですが・・・

081001_04.jpg
写真-4:武蔵境~東小金井間状況

 三鷹~武蔵境間と同様の状況です。

081001_05.jpg
写真-5:東小金井駅状況

 三鷹方の高架橋は出来上がっていますね。ホーム上家の施工は武蔵境より進んでいる印象です。

081001_06.jpg
写真-6:武蔵小金井駅状況

 武蔵小金井は駅前後区間は高架教がほぼ出来ていますが、駅部については高架橋スラブの打設まで進んでいないようです。まぁ、十番に施工するっと事で、近々に出来上がるとは思います。

081001_07.jpg
写真-7:武蔵小金井~国分寺間アプローチ部状況

 三鷹側と同様な状況でしたが、地上部に近い部分は高架橋ではなく土留壁が構築されていました。盛土構造の路盤になるのでしょうか??

 また時期を見て、再調査したいと思います!!

コメント