2014年12月21日

2014年11月30日阪神甲子園駅工事調査(2) コンコース編

141221.jpg

 2014年11月30日に阪神甲子園駅の工事状況を調査しましたので、2回に分けて報告します。

 その(2)としてコンコース編です!!

141221_01.jpg
写真-1:西改札口状況

 改装された西改札口の状況を見ました。

 臨時ではない通常の改札口も自動改札列数があるのは野球輸送駅ならではといったところでしょうか。

 有人窓口も大きく開放的ですが、暖色系の色合いの仕上げもあってほんわかした印象です。

141221_02.jpg
写真-2:改札内コンコース状況

 改札内コンコースからは、2つの地下通路に繋がる形となっていますが、現在は大阪方の通路のみ正規の使用となっていて、神戸方通路はエレベータールートのみ使用という状況です。

 そのため、改修部分には仮囲いが配置されています。

141221_03.jpg
写真-3:改札内通路状況

 大阪方の通路状況です。

 地下通路とコンコースの高さが異なるため、スロープになっているのが分かります。

 スロープから先は従来のままの景観ですが、今後駅全体の仕上げ段階で綺麗にするかもしれません。

 新設箇所との差が大きい感じがしますのでね!!

141221_04.jpg
写真-4:神戸方通路状況

 前述の通り神戸方の通路はエスカレーター・階段が一時閉鎖され、通路を改修している状況です。

 現在のところ通路の神戸方半分程度のスペースを仮通路としてエレベータールートとしています。

 計画では上下ホームの拡幅後にエスカレーターを再整備する流れのようですので、拡幅によってスペース確保により施設を最整備する事が可能になるという事なのかなと思います。

141221_05.jpg
写真-5:エレベーター状況

 使用開始しているエレベーターの状況(ホーム階)です。

 最も神戸方の端部に設置されています。

 ホーム拡幅に影響が無い場所に設置されており、流動的に最も影響が無い場所という印象です。

 混雑時を考えると、ここが適切な位置なのかなと思うところです。

 以上です!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2955