2016年4月28日

2016年3月29日阪急洛西口駅施設調査

160428.jpg

 2016年3月29日に阪急洛西口駅の施設調査をしました。

 大阪梅田方面ホームが高架化された状況の確認という事で、最終報告となります。

 以下、コメントです!!

160428_01.jpg
写真-1:ホーム大阪方端部付近状況

 京都方も同様の状況ですが、ホーム端部は中央部より幾分狭いものの、この幅が端部まで直線的に続く形状です。

 端部はタイル、内方線付警告ブロックを挟んでホーム仕上げはアスファルト舗装となっています。

 当たり前ですが京都方面ホームと対になっていますね!!

160428_02.jpg
写真-2:階段状況

 大阪方に階段が設置されています。

 幅はエスカレーター2基分相当で、高欄仕上げは半透明パネルです。

 施設まわりは床面仕上げがタイルになっているのですね。

160428_03.jpg
写真-3:エレベーター状況

 続いてエレベーターです。

 一般的な規模・形状で、コンコース階とはドア位置が逆になるスルータイプです。

160428_04.jpg
写真-4:待合室状況

 続いて待合室です。

 ガラス面で覆われ、椅子が壁側に配置されています。

160428_05.jpg
写真-5:エスカレーター状況

 京都方の昇降設備となるエスカレーターです。

 2人用幅タイプが2基設置されています。

 高欄仕上げは階段と同様の半透明パネルです。

160428_06.jpg
写真-6:コンコース階改札口全景

 改札口の全景です。

 この部分自体は京都方面ホーム高架化段階で使用開始していましたが、大阪方面側が使用開始したことで景色が一気に開放的になりました。

160428_07.jpg
写真-7:コンコース階改札内大阪方面施設配置状況

 スペースの関係で大阪方の階段は中層部でクランクしており、エレベーター脇に配置される形になっています。

 エスカレーターが改札に対してUターンする形になるも直近ルートというのが良い配置かなと思います。

 以上です!!

コメント