2010年1月19日

2010年1月13日西武池袋線工事調査(3) 石神井公園駅施設編

100119.jpg

 2010年1月13日に西武池袋線石神井公園駅の切換前施設状況を調査しましたので、報告します!!

 駅施設以外の状況はその(2)をご覧ください。

 トップの写真は駅から一つ離れた交差点から新しい高架駅を望んだ状況です。

 どうです、この素敵な感じ!!

 従来とは大きくイメージを変えていますよね。

100119_01.jpg
写真-1:2月7日の切換概要を示す案内掲示

 駅には写真-1のような案内掲示がされています。

 上り線高架化により改札口が上下線で別々になってしまい、改札内が繋がっていないという状況なので、特に案内を徹底といったところでしょうか。

 パンフレットにも構造は示されていますが、平面的なこちらのほうがイメージは掴み易いかも。

100119_02.jpg
写真-2:下り線改札口の変化

 上り線切換に伴い、現在の改札口は下り線専用になります。

 需要的な意味でも、今後の工事ステップ上の支障回避という意味でも規模を変更する必要があるようで、現在の下り線部分のみ使うようラッチ内外のレイアウト変更が行われます。

 具体的には上り線側の自動改札を上下EV間位置に移設、そのためその位置にあった駅事務室を南口側に移設という感じです。

100119_03.jpg
写真-3:旧駅事務室箇所状況

 この位置が新たな自動改札機設置スペースになるため、元々あった駅事務室は撤去・移設されています。

 このあと自動改札機が設置されると思いますが、ほんの数日で出来てしまいそうです・・・

100119_04.jpg
写真-4:移設後の駅事務室状況

 南口側の階段付近の隅に設けられました。

 従来以上にラッチ外場所になりましたので、以前と同様に誘導を行うなどの対応が取られるものと思います。

100119_05.jpg
写真-5:上り線改札口の変化

 一方、新設される南口の改札口については、現在の地下通路に下りる直前部分に設けられます。

 そこからエスカ、階段、エレベータを使って高架ホームに上がることになりますね。

 やはりエスカは飯能方に設けられています。池袋線シフトって奴ですね。

100119_06.jpg
写真-6:上り線改札口設置箇所状況

 現時点では仮フェンスで目隠しがされていますが、この奥に改札口が準備されているということですね。

 消火設備や地元の方のイラストが手前部分にあるのに、改札口になる部分には掲示物が一切ないのは切換が行われるためですね。

100119_07.jpg
写真-7:駅舎外観

 駅舎というか、高架駅ですので、施設の外観でございます。

 ガラスが連続的に使われていて、明るく爽やかな感じでいて、曲線のアクセントでシャープな印象も受けます。

 トップ写真でも感じましたが、従来の駅のイメージを大きく変えるものですね。

 元々駅前(特に南口側)が広い駅ではありませんでしたので、これだけの規模の高架駅が出来ると景観上どうなるのかな?と思いましたが、予想以上に良い感じではないでしょうか。

100119_08.jpg
写真-8;連続的な外観が美しいです。

 しばらく歩くと、飯能方の施設外観の状況が見れますが、ホーム端部から端部までこのような連続的な構造になっているのですね。

 非常に美しいですが、今後駅周辺が整備されると、このアングルでは見れなくなってしまうかも(苦笑)。

 切換が楽しみです!!

コメント