2012年12月23日

千葉市動物公園に行ってきました♪♪

121223.jpg

 今日は相方が仕事だったため、愛娘と二人で一日を過ごす日でした。

 という事で、かねてから行きたかった千葉市動物公園に行ってきました!!

 最大の目的はコースター制覇ですが、千葉市動物公園と言えば、レッサーパンダですよね♪♪

 しっかりとその雄姿を目に焼き付けることが出来ました。

 以下、一日の流れを記したいと思います!!

121223_01.jpg
写真-1:行きは千葉みなとからモノレールで!!

 最寄の動物公園駅までは千葉モノレールを利用しました。

 先日のダイヤ改正情報発表でJR京葉線熱が高まってしまったため、京葉線経由千葉みなとからの乗車です。

 おそらく座れるだろうと思いつつ、愛娘と行動する時は始発駅利用がデフォになっていますねぇ。

 先の京葉線もそうでして、横須賀線直通の総武快速は選びにくいです・・・

 そんなこんなで手堅く着席移動成功です♪♪

121223_02.jpg
写真-2:動物公園駅に到着

 1駅手前のスポーツセンターを出発すると、動物公園までの駅間部分において車窓から遊園地ゾーンが見えます(進行方向左側乗車をオススメします)。

 愛娘のテンションが上がっていくのが分かるとともに、獲物たるコースターが確認できて同様に自分も興奮しているのが分かります。

 似たもの親子ですなぁ・・・(苦笑)。

 ちなみに、動物公園駅までの所要時間は千葉みなとから15分ちょっと。

 モノレールという乗り物が既にイベントみたいなものですから、程良い乗車時間ですね。

 ホームから動物公園の入り口が確認できるロケーションでして、最寄駅らしい位置関係です。

121223_03.jpg
写真-3:入場券を購入する!!

 さっそく入場券を購入します。

 高校生以上が500円、小中学生が100の設定と市営施設の標準的なお値段ですね。

 未就学児の愛娘は無料です。

 遊園地ゾーンの乗り物は別料金なので、そちらでしっかり払うことになりましょうが(笑)。

121223_04.jpg
写真-4:園内全体マップ

 敷地スペースの中央部に位置する広場の周囲に「モンキーゾーン」、「小動物ゾーン」、「家畜の原種ゾーン」、「草原ゾーン」、「鳥類・水系ゾーン」等が存在しており、ぐるっと一周することで効率的に周れるようになっています。

 遊園地ゾーンはこれら動物園ゾーンとは幾分離れた位置関係になっており、シチュエーションというか施設性格を踏まえてしっかり線引きがなされているような感じです。

 遊園地ゾーンに長居することはフリーパス設定が無いことからオサイフ的に危険なので、ある程度動物園ゾーンで時間を過ごし、変える時間を見計らって残り時間を遊園地ゾーンで、というのが基本的な遊び方になるかと思います。

121223_05.jpg
写真-5:クイズラリーが開催中でした!!

 ベネッセさんのイベントが実施されていました。

 過去スタンプラリーだったり色々と楽しませて頂きましたが、このイベントがあると動物園めぐりが楽しくなりますよね。

 もう既にベネッセさん漬けの状態なので、アンケートに答えることに何ら抵抗はありません(笑)。

 ちなみに今回はクイズラリーでした。

 園内3箇所の動物に関するクイズに答えるというもので、スタンプラリーよりも実際の動物を見て考える要素があるので、動物園向きで良かったです。

 愛娘はスタンプ好きなので、少々物足りなかったようですが、記念品の折り紙ゲットで喜んでいました♪♪

121223_06.jpg
写真-6:「子どもどうぶつえん」を楽しむ?

 上記園内の各ゾーンをぐるっと回りながらクイズに答えていくという感じで巡りましたが、その一角にある「子どもどうぶつえん」ゾーンはお子様向け体験ゾーンなので、ちょっくら時間つぶしに良い感じ。

 ところが、6歳の愛娘、以前ほど食いつかなくなってきました・・・(苦笑)。

 早く遊園地ゾーンに連れて行けと言わんばかり。

 ん~、興味、反応の変化が成長ということなのでしょうかね?

121223_07.jpg
写真-7:遊園地ゾーン「ドリームワールド」案内図

 遊園地ゾーンには「ドリームワールド」という名称がついています。

 幼児から小学生低学年程度向けの遊具が揃っており、ストライクゾーンの愛娘にとって夢のような場所になっていますね♪

121223_08.jpg
写真-8:のりもの券を購入する!!

 遊具料金は200円~300円になっており、大人・子供料金の区分はありません。

 対象年齢が細かく設定されているので、子供が1人で乗れれば良いですが、親が付き添いとなると料金がかかりますね(メリーゴーランドの同伴は無料です)。

 フリーパス設定は無いので、11枚綴り1,000円の回数券を買うのが手堅いと思います。

 まとめて買って、このチケットが無くなったら終わり。

 一人で乗るならたくさん乗れるし、一緒が良いなら乗れる回数が少なくなるよと言うと、普段ビビりの愛娘も一人で乗るというから、しめしめってもんです。

 自分がコースターに乗りたいという事もあって、今日は設定金額を2,000円と決めて一気に購入しました。

 この割り切りが遊具ゾーンをスマートに脱出するテクニックであります♪

121223_09.jpg
写真-9:ドリームワールドで遊ぶ♪♪

 12種類の遊具の他、コイン系遊具、ゲーム等がありまして、購入したのりもの券22枚を駆使して遊びます。

 コースター以外は一人で乗る(年齢制限で乗ろうと思っても一人では駄目でしたが)と愛娘は言い出し、ははぁ沢山乗りたいことが分かります。

 気の向くまま乗りたい遊具に乗せました。

 パパは写真撮影係です!!


写真-10:ゴーゴーコースターに乗る♪

 頃合いを見て狙いのゴーゴーコースターに乗りました。

 やっと、やっと乗れた(感動)!!

 コースターそのものは渋川スカイランドのネイブルコースターと同様のものですが、場所が違えば乗り味も違うって事で、満喫しました(詳細は後日報告します)。

 愛娘も満足したようで、結局2回乗りました(笑)。

 この規模の遊園地にふさわしい適度な怖さを持つナイスコースターでした♪♪

121223_11.jpg
写真-11:レッサーパンダを見る!!

 ドリームランドの後は、レッサーパンダを見に行くことにしました。

 遊具ゾーンを離れる大義名分が必要だろうと思って、あえて後回しにしていたのです。

 その結果、たまたまというかエサの時間に遭遇することが出来て結果良かったです!!

121223_12.jpg
写真-12:レッサーパンダ、カワイイです!!

 千葉市動物公園といえば、風太くんが有名ですが、それも過去の話で、すでに風太君の孫が居るのですね(ノーチェックでした)。

 今年7月に生まれた双子ちゃんは風菜ちゃんと源太くんというようで、じーちゃん譲りのカリスマを持って居そうな感じ。

 レッサーパンダはそもそも立つのは普通という事ですが、観ていて確かに直立する状況も見れましたが、風太くんのピンと立つ姿はやはり独特なのかなぁと思ったりもします。

 彼の立ち姿が撮影用置物になっていましたが、なんと美しいのでしょうか(笑)。

 過去に見たどこのレッサーパンダよりもアクティブで愛嬌のある状況が観れて、やはりここは来るべき場所だなぁと感心しました。

 千葉市動物公園、オススメです♪♪

コメント