2015年5月24日

2015年5月10日相鉄線星川駅工事状況調査

150524.jpg

 2015年5月10日に相鉄線星川駅の工事状況調査をしましたので、報告します。

 以下、コメントです。

150524_01.jpg
写真-1:星川駅下り線側駅部全景

 星川駅の下り線側の駅舎外観の状況ですが、終点方区間が先行して施工されていましたが、起点方についても外壁、ガラス等の設置が完了していました。

 あくまで下部に仮線があるため、高架橋の上部部分のみの施工となっているのが特徴的です。

150524_02.jpg
写真-2:起点方外観状況

 地上階、中層階の上にホーム階という構造ですが、外装仕上げが実施されているのはホーム階部分のみで、中層階部分はこれから施工という事もあり、梁や柱が見える状況です。


写真-3:中央部仮通路構築状況

 新設される下り高架ホームが完全に現行の仮下り線ホームの上部にあるため、高架ホームへのアクセスルートがどうなるかが気になっていた所でした。

 今回の調査で高架ホームからの階段および仮通路が下り線側に斜めに進む形で整備されている事が確認され、やっとイメージが出来ました。

 おそらくこの通路をそのまま終点方に延伸させて、現行の仮通路につなげる形になるでしょう。

 今後上り線が現行の仮下り線部分を使用する時期もあるので、現行の仮階段ルートは維持されるものと思いますが、この形であれば現行直下に列車が走っている訳ですから問題ないですね。

150524_04.jpg
写真-4:終点方外観状況

 終点方は早い段階で仕上げが完了していましたので、今回見た感じ特に変化はないようでした。

150524_05.jpg
写真-5:下りホーム構築状況(終点方)

 ホーム施設は見える範囲において主たる施設は構築が完了している模様です。

 エレベーターについては現行の仮エレベーターがそのまま新下りホームにも移動できるようになる形となりそうです。

150524_06.jpg
写真-6:下りホーム構築状況(起点方)

 前述の通り、高架下りホームからのアクセスは横浜方に位置する階段と仮通路による運用が当面続く形になりそうです。

 エレベーターは外枠のみ構築していますが、位置的に整備が可能になるのは先となりそうで、当面は階段と終点方の仮エレベーターのみとなるのは仕方ないところでしょうか。

150524_07.jpg
写真-7:終点方アプローチ付近状況

 終点方のアプローチ整備状況ですが、ほぼ土木工事としては完了している状況になりました。

 今後軌道敷設と電気設備の構築が進められていくものと思います。

 以上です!!

コメント