2016年10月23日

LCDモニターが気になる今日この頃!!

161023.jpg

 普段よく観る場所の違いには気づかないのに、たまに観る場所の違いには気づけたりするものです。

 先日関西に行った際に、案内関係が結構な場所で更新されており、特にLCDモニターが大躍進している状況がありました。

 南海の難波駅の例を数日前に書きましたが、他も結構多かったりして、案内板好きとしてはいずれ確認したいところです。

 阪神の場合は4列車表記の形で活用されており、フルカラーを活かして列車種別は厳密に示しています。

 直通特急が「赤」と「黄色」に分かれていたり、そういう事が出来ますよね!!

161023_01.jpg
写真-1:JR西日本新大阪駅のLCD案内板

 JR新大阪のものを見ると、上部に乗り場案内があり、下部に4列車の表示というパターンです。

 列車種別が明確に示せるとともに、備考欄を次列車下部に設ける事で詳細な案内も可能になっていまする

 特急はるかに関して、関西空港方面の場合は青地にして飛行機マークを入れ、京都方面の場合は赤地にしているなど細かい対応がなされていますね。

 LED案内板も良いのですが、こうした案内の場合は使い分けなんだろうなと感じた次第です。

コメント