2017年4月 4日

2017年3月19日相鉄線星川駅工事調査(2)

170404.jpg

 2017年3月19日に相鉄線星川駅の工事状況調査をしましたので、報告します。

 今回は高架化切換直後という事もあり、使用開始した施設状況を確認しました。

 その(2)としてコンコース階の施設についてです!!

170404_01.jpg
写真-1:コンコース階仮通路全景

 地上設備と高架橋のちょうど中間高さに構築された仮通路ですが、今回下り線の高架化に際して下りホームへの連絡通路が整備され、接続されています。

 位置的には下り線高架橋から外れた位置になっていますが、今後高架橋直下は本設の施設を構築する必要があるため、その部分を避けて整備されたと捉えることができるでしょう。

170404_02.jpg
写真-2:下り線ホームへの通路状況1

 既設の仮通路から見たアングルです。

 移動距離は仮設備という事もあり幾分長めになってしまっていますが、仕方のないところでしょうか。

 通路幅はホームへの階段の幅と同等程度確保されています。

170404_03.jpg
写真-3:下り線ホームへの通路状況2

 上記の通路を進んでいくと、途中から斜めに進む形になり、ホームへの階段となります。

170404_04.jpg
写真-4:階段状況

 階段付近の状況です。

 階段は先日コメントした通り、本設の仕様で整備されていますが、仮通路が仮設のため接続部分は仮設仕上げになっています。

 当面この形が続いていくことになりましょう。

170404_05.jpg
写真-5:コンコース階からホーム階を望む

 整備された仮通路は最終整備したいコンコース階よりも幾分高い位置に整備されています。

 地上の仮線を避ける必要があるため高くなっている訳でして、その結果現時点ではホームへの階段の段数が幾分少ない状況です。

 当面はこの階段とエレベーターのみの状態となりますが、暫定状況として最低限の施設整備がなされた印象です。

 今後も工事の経過・施設変化は追っていきたいと思います!!

コメント